FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シーズン最後に”やってしまった”

9月26日

シーズン最後の土曜日。やっぱり、釣りに行かねば!

向かったのは、奥越大野市の山岳渓流。9時半頃に到着すると、既に溪の入り口に1台の
車が・・・
先を越されたかと思ったが、念のため中を覗かせてもらうと、2ピースらしきフライロッドの
ケースがあった。
「これは、多分この横の本流を釣ってるんやろ。」
と判断。目的の溪に入ることにした。
そして、シーズン最後の釣りということで、下流部はパスして、どんどん上流を目指した。
いいかげん歩き疲れた頃、もういいだろうと釣り開始。予定では、25cm程のイワナが
ポツポツ釣れ、あわよくば尺物をという腹づもりが・・・
・・・まったく出ない!とことん出ない!とんでもなく出ない!
やっと出た!恐ろしく小さい・・・

15610iwana2.jpg
こんなイワナが釣れるはずが・・・

とりあえず1時間半程釣り上がり、とりあえず昼飯。
「うーむ、イワナは遡上したのか?まさか、あの車のフライマンか?」
と思いながらも、少しの休憩を取った後、釣り再開した直後、上流から2人のフライマンが
降りてきた。
「やってもた・・・」

とりあえず、大急ぎで溪を下り車に戻ったものの、こんな日に限って奥まで行っていたために
時間は既に3時過ぎ。しかもシーズン最後の土曜日とあって、車を置いてすぐ釣れる所は大賑わい。
しかたがないので、区間も短く漁協の漁区をはずれ放流もないため、滅多に釣り人がいることは
ないが、入ればそこそこ釣れる”奥の手”のポイントで帳尻を合わすことにした。

15926iwana1.jpg
思ったとおり、このサイズが退屈しない程度に釣れた。
このイワナは、既に産卵床を掘ったのか、尾びれの上側がすり切れていた。

15926iwana2.jpg
この日の最大。
放流はないが、本流からの遡上も多く、雨後や秋には魚止めの堰堤で、大型のイワナがジャンプする
のをよく見かける。この日も、釣っている最中に次々にイワナが遡上して来た。

kibanaturifune.jpg
キツリフネ
毎年、ツリフネソウを見るとシーズンの終わりを感じる。

しかし、なんか中途半端な釣り納めになってしまった・・・






スポンサーサイト

comment

Secre

ようこそ!
dun01.jpg

瀬戸際フライマンの呟き

プロフィール

あたりでこ

Author:あたりでこ
Fly Fishingは、楽しんだ者勝ち!
お気楽Fly anglerです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ内検索
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。