FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

開けた源流

6月10日

今年も早い夏休み。
予定では、嬬恋村でのんびりキャンプして、トレッキングやFFを楽しむつもり
だったが、都合が悪くなり急遽いつもの越前大野でのFFに変更となった。

天気予報では、10日水曜日は晴れで11日木曜日の昼から雨になるということ
なので、水曜日は源流に入り、木曜日は天気を観て、源流か車から比較的近い
渓流か決める事にした。

そして10日、予報通り快晴。
雪代が落ち着くのを待ちわびていた、奥の深い源流に入る事にした。
車止めに着くと、平日にもかかわらずデリカが1台。
しかし、フロントガラスに”地質調査中”の表示が。
「良かった、釣りじゃなかった。」
とそそくさと準備をして、いざ溪に突入した。

siratani.jpg
溪は開けていて、思いっきりFFを楽しめる。

2万5千分の1の地図で確認すると、堰堤が3基あるので、最後の堰堤を越えて
から釣る予定だったが、1基目の堰堤を越えると、続いているはずの林道がなく
堰堤間も長く、2基目の堰堤を越えた辺りから溪相も良くなってきたので、釣り
始めるといきなり出た。

15610iwana1.jpg
よく肥えてコンディションのいいイワナ。
瀬が多い溪のためか、掛けるとパワフルに走り回る。
超〜、楽しい!

しかし、後が続かない。ここはというポイントを流しても反応なし。
おかしいな?と思いながら、何気なく対岸を見ると、岸際の浅い所、それも背びれが
水面に出そうな超浅場にイワナがいるではないか。

15610iwana2.jpg
フライを流すと一発で出た。

同じような浅場を流し順調にイワナを追加して行くと、やがて3基目の堰堤。
堰堤を越えると溪相はますます良くなっていった。

siratani2.jpg
釣り上がって行っても溪は開けている。

15610iwana3.jpg
これは、”いかにも”というポイントから。
そして、”いかにも”という所からは、3尾4尾と釣れだした。
この溪は雪代も多く、流れも毎年変わる。
雪代の際の土砂にやられたのか、尾びれが痛んでいる。

順調に釣り上がって行くと、目の前にあるはずの無い4基目の堰堤が・・・
時間は午後2時半。帰りの時間を考えると、堰堤を巻くかどうか微妙な時間。
どうしようか迷いながらも、堰堤下で型揃いを5尾追加して、ふと気付くと
いつの間にか後に大きなザックを担いだ人がいた。
挨拶を交わし話を聞くと、仕事で溪の奥でキャンプをしていたらしく、今帰り
との事。どうやら地質調査の人のようだ。
この人が溪を降りてきたという事は、この先は期待できないと判断して、4基
目の堰堤で終了とした。

15610iwana4.jpg
堰堤下では、このサイズが5尾。

尺は出なかったが、平均的に型が良く楽しめた。この溪では、知人が35cmを
含め、何尾かの尺物を釣っているので、今後も期待したい。

15610iwana5.jpg
帰りに2基目の堰堤下で。

15610udo.jpg
晩飯用にウドを収穫。豚肉と炒めて、おいしくいただいた。

















スポンサーサイト

comment

Secre

ようこそ!
dun01.jpg

瀬戸際フライマンの呟き

プロフィール

あたりでこ

Author:あたりでこ
Fly Fishingは、楽しんだ者勝ち!
お気楽Fly anglerです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ内検索
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。