FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毛虫!毛虫!毛虫!ケムンパス帝国の逆襲!!

6月20日

まず言っておくが、虫は苦手ではない。
しかし、今年の真名川周辺の毛虫の量はハンパではない。

GWにキャンプに行った時は、孵化したばかりだと思われる5mmにも満たない
大量の毛虫がテントやクーラーボックスに這い上がり、払い落とすのに大苦戦。
その後、5月に2回釣りに行ったが、その時は季節外れの冷え込みのためか、
ミズナラの葉っぱには結構な数の毛虫がいたものの、気になる程ではなかった。

そして今回、6月初のこの方面への釣行。
なんじゃこりゃ〜!!
木にも草にも、あげくには地面まで毛虫!毛虫!毛虫!
立っているだけで、靴に這い上がってくるし、薮こぎなどしようものなら、ベストに
数匹の毛虫がもれなく付いている。
これはきっと普段気嫌いされ、虐げられて来た”ケムンパス”達の逆襲に違いない。
これだけいたら、さすがに虫嫌いでなくても、
「参りました。勘弁してください」
そんな訳で、毛虫が気になり今ひとつ釣りに集中できない1日だった。

14620kuma.jpg
まず行ったのは、以前から気になっていた溪の源流部。
しかし、車止めに先行者の車があったため、その下に入溪。
凄まじい毛虫のために、早々に撤退。
このサイズが適当に釣れた。

昼からは、先週友人がいい釣りをした溪に移動したが、そこも朝の溪に比べると
マシなものの、やはり大量の毛虫。
また、溪に降りる所に朝降りたと思われる痕跡が・・・
とりあえずやってみるべと釣り上がって行くと、瀬でなんとか釣ることができた。
そして最後の堰堤へ。
この堰堤は下がコンクリートのたたきになっているが、水深が10cm程あり比較的
ゆっくり流れ出していた。

そこで、よく見てみると端っこの方や、落石の横等にイワナが付いている。ほとんど
いただきパターン。
でフライを投入すると、先行者の影響でシビアになっているのか、スーといなくなる
イワナがほとんど。なんとか、逃げずにいるイワナもドライは無視。
初夏以降夏場は、こういう場合はアントパターンを沈めて、鼻っつらに流し込むと
たいがい釣れるので、ハードシェルアントを鼻っつらに流すも無視。

「こいつら、もしかしてケムンパスを食ってるんやろか?」
そういえばさっきから、水面、水中を問わず、大量の毛虫が流下している。
しかし持っているインチワームのパターンは、ブナ虫のパターン。色は黄緑で#12。
流れている毛虫は、#6以上ありそうな赤茶ベースにオレンジやゴールドを
あしらったような、目を疑いたくなるような悪趣味な色調。
どうしたものかと迷ったあげく、思いついたのが”アレキサンドラ”。
一見、似ても似つかぬような感じだが、濡れて水流を受ければシルエットが細くなり、
それらしくなるだろうという、かなり無理な理由付けをしてトライ。

14620ookumo.jpg
なんと釣れてしまった。
思いついたことは、何でも試すことですな。

14620subara.jpg
最後に5月にいい釣りをした溪へ。
やっぱり毛虫と戦いながらも、あいかわらずこのサイズが次々に出た。










スポンサーサイト

comment

Secre

ようこそ!
dun01.jpg

瀬戸際フライマンの呟き

プロフィール

あたりでこ

Author:あたりでこ
Fly Fishingは、楽しんだ者勝ち!
お気楽Fly anglerです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ内検索
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。