FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

知らんかった

5月17日

貴重な5月の平日の休み。九頭竜川、大野市漁協管内へ。
さて、どの溪に入るか?
無難なところでは、打波川だろうが、どうもあの人の多さがちょっと・・・

ということで、最近お気に入りのM川水系へ。
まず入ったのが、今までまともに釣れたことがない本流上流、M川ダム上の
国道沿いを流れるK川。

瀬を中心とした開けた溪相の、いかにもFF向きのこの溪は、いつもホントに
釣れない。(なんで、そこで釣るんや?!)

ところがこの日は、釣り始めてすぐアマゴがホイホイと2尾。
だだサイズがいつも行く近所の溪サイズ。
「まあ、そのうちそこそこのが釣れるやろう」
と余裕しゃくしゃく。

ところが、2尾目を釣ってからいつものK川に・・・
どこを流しても全く反応なし。いいかげんイヤになりかけた頃ようやくイワナ。
そしてすぐアマゴ。しかし、サイズが伸びないので溪を変えることに。

kumaiwanajpg.jpg
釣れるのはこのサイズ。稚魚放流なので、魚体は綺麗。
雪代が残る頃は尺物も出るとか。

時間は11時。昼飯まで中途半端な時間。
そこで、すぐ近くを流れる支流S川へ。

この溪は去年源流に入ったが、下流部は道から川までの落差が大きく、
降りるのが大変そうなので、今まで釣ったことがなかった。
とりあえず、今まで何度か昼飯を食べたりするのに利用した広場から溪に降りることに。
溪相はたぶん薮沢だろうと6f足らずのショートロッドに替えた。
ところが、これが大きな失敗。溪は意外にも大きく、水量もそこそこ。
あまりにも、釣りにくい・・・

subarajpg.jpg
小沢だと思っていたら、かなりりっぱな溪。
というか、落ち込み、プール、瀬と変化に富んだ溪相は素晴らしく、
大野市漁協管内ではトップクラス!

しかし、溪相はバッチリでも釣果なしというのはよくある話。
しかも、この溪は漁協漁区地図にも漁業権の設定がなく、放流もないようす。
まあ、昼飯までの時間つぶしができればいいやと、たいした期待もなくなんの
変哲もない瀬脇に第1投。

「エッ、嘘!」
ユラ〜と、イワナらしき魚がフライに出た。しかも、そこそこの型。
しかし、アワセが早すぎたのかフッキングできず。
そして、次の瀬尻。
また、ユラ〜と、同じサイズが、
これまたフッキングできず。

続けて同じ瀬の瀬頭、またまたユラ〜と。
今度はフライをくわえて戻って行くのを確認してからアワセて、ようやくキャッチした。 

subara1jpg.jpg
このサイズがポイント毎に出る。
当日は、ピーカンの減水気味。大場所も多く、条件が良ければ大物も
期待できそう。

subara2jpg.jpg
全体に落差の大きいこの溪のイワナは、とにかくパワフル。
柔らかいグラスロッドでは、なかなか寄って来ない。

時間は1時半。まだまだ釣れ続くが、そろそろ腹が・・・
溪は深く、入溪した所まで戻らなければ道に出られそうにないので、
泣く泣く戻ることにした。
しかし、この水系に通いだして20年程になるが、こんなにいい溪だとは
全く知らなかった。

kumo1jpg.jpg
イブニングはいつものキャンプ場の上流で。
陽が陰った5時頃から、このサイズのアマゴがそこここでライズ。

kumo2jpg.jpg
1時間以上アマゴ、ヤマメのライズは続いた。
いつもは、アマゴ、ヤマメのライズが終わってからイワナのライズが
始まるが、この日はなぜかなし。

nirinjpg.jpg
ニリンソウ















スポンサーサイト

comment

Secre

ようこそ!
dun01.jpg

瀬戸際フライマンの呟き

プロフィール

あたりでこ

Author:あたりでこ
Fly Fishingは、楽しんだ者勝ち!
お気楽Fly anglerです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ内検索
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。