FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忘れとった。

5月12日
GWに引いてしまった質の悪い風邪もようやく治り、天気もいいので
昼飯を食ってから、近くの溪へGO!

ジムニーで走ること30分、いつもの溪に着くと、土曜日が雨だったせいか、
満員御礼状態。

で、しかたなく小さい沢に入ることに。

samagojpg.jpg
小さいけれど綺麗なアマゴ。
しかし、去年はポイント毎に反応があったのに、今日はあまり出ない。
エッサマンに抜かれたか?

沢を釣り上がること1時間。小さい沢のため、最後のポイントまで到着。
時間はまだ4時前。さて、どうしたもんか?
「そういえば、もう一つ峠を越えたら、A谷の源流に入れるはず。」
そう、すかっり忘れていたが、もうひとつ奥の集落跡(冬期以外は住人が
居る)を過ぎた所から森をぬけ、安曇川水系の某人気支流の源流部に入る
ルートがあることを思い出した。

4時過ぎに森の入り口に到着。できればそこから滋賀県境まで歩いて入溪
すればいいのだが、時間的にとても無理。しかも、この辺りはクマの巣。
夕方に森に深入りするのは危険。とりあえず、6時頃に車に戻れる行程で
溪に降りた。

bunajpg.jpg
京都市内でありながら、溪の周りはブナの森。

asibidanijpg.jpg
森の入り口付近の、かなり小さくなってきた溪。

asibiamagojpg.jpg
小さいながら元気なアマゴが相手をしてくれた。
フッキングできなかったが、あきらかに20cmを超えるものも出た。

pooljpg.jpg
退溪点まであと少しのプール。
ここで、ボーッと泳いでいる鰭に白い縁取りがある魚を発見!
「おーっ、イワナやん!」
しかも、そこそこいい型。

asibiiwanajpg.jpg
アダムスパラシュートをなんの疑いもなく、バックリいってくれた。
自宅から30分少しで来れる溪で、このサイズは大満足。
しかも、この溪は滋賀県側の取水堤下流しか放流していないので
釣れる魚はおそらく天然。
今度時間のある日に、県境まで下がって釣ってみよう。

botanzakurajpg.jpg
京都市内といえども冬には1m以上の積雪のある地域。
里の八重桜もようやく満開。







スポンサーサイト

comment

Secre

ようこそ!
dun01.jpg

瀬戸際フライマンの呟き

プロフィール

あたりでこ

Author:あたりでこ
Fly Fishingは、楽しんだ者勝ち!
お気楽Fly anglerです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ内検索
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。